三猿陶器の置物

三猿陶器の置物

Kが日光の旅行で購入した。渋い色の三猿。サルたちが乗っている木台には、徳川家康の遺訓「人生の一生は重荷を 負いて遠のき 道をゆくが如し」が書かれている。

K purchased on the trip of Nikko. Three monkeys of astringent colors. On the wooden ridge where the monkeys are riding, it is written that Tokugawa Ieyasu’s memorial service “The lifetime of life has a heavy burden and goes a faraway road”.

 

三猿陶器の置物の裏側

裏側は穴をふさぐ緑のフェルトが貼られている。1991年(平成3年)、11月3日。

The back side has a green felt stuck on the hole. 1991, November 3.

 

関連記事
チキズ・コレクションの一覧

タイトルとURLをコピーしました