懐かしの鉛筆削りCARL Minicle CP-80

CARL 鉛筆削り CP-80正面

CARL(カール)の鉛筆削り、ミニクル CP-80です。多分1983年ぐらいに購入。昭和の最後の時代ですね。普通鉛筆削りという、消しゴムサイズの小さいタイプをイメージしますが、こちらは小型の削り器という感じです。

下半分が銀色に塗られているのは、子供がペイントしたからです。

 

CARL 鉛筆削り CP-80 斜め横

斜め横から見た様子。

 

鉛筆を入れる穴

上部のアップ。CARL minicleの文字と鉛筆を入れる穴。

 

CARL 鉛筆削り CP-80 のボタン

右サイドのぽっちは、鉛筆を入れる時に押し込みむもの。穴から見える3枚の鉛筆を固定する金属がへっこみ穴が開き鉛筆を挿入できる。

 

削りカス入れ

下には鉛筆の削りカスがたまるダストボックス。

 

CARL 鉛筆削り CP-80 後ろ

後ろ側。取っ手でくるくる回すと鉛筆が削れる。

 

CARL 鉛筆削り CP-80 ラベル

下にはCARL CP-80 MADE IN JAPAN とJIS S-1の文字。

 

鉛筆を入れた様子 横

鉛筆を差し込んだ様子を横から。

 

鉛筆を入れた様子 上

鉛筆を差し込んだ様子を上から。消しゴムタイプの鉛筆削りと比べ、簡単に削ることができ、削れる幅も長い(芯が長く剥き出る)ため、長く文字が書ける。