バリアペインを購入レビュー。バファリンの代わりに

外せない用事の直前で頭痛が起きてしまい、ドラッグストアへバファリンを買いに行きました。

薬剤師さんに、バファリンの場所を聞いて案内してもらいました。そこで薬剤師さんが一言。

「バファリンと同じ成分で、値段が安い“バリアペイン”がお勧めですよ」

最近、ドラッグストアへ行くと「○○と同じ成分で価格が安い」とよく聞くセリフです。

同じ成分で、宣伝広告を省くことによって安くなるという。今回のバファリンは特許切れで同じ成分の商品が出せたようです(?未確認です)。

で、値段に釣られ買ってしまいました。バリアペインを。パッケージはこちら。

 

バリアペイン(BarrierPain) パッケージ表

バファリンと同じブルー系のパッケージですが、こちらの方が明るいグラデーションなっています。

 

バリアペイン(BarrierPain) パッケージ裏

パッケージ裏側。効能・効果、成分など一通り表示されています。

 

バリアペイン(BarrierPain) 錠剤

40錠、入っています。

ここで、バファリンとバリアペインの成分を比べてみます。

 

バファリン(1錠中)

1錠中
アセチルサリチル酸 330mg
合成ヒドロタルサイト(ダイバッファーHT) 100mg

※添加物としてトウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、酸化チタン、マクロゴール、青色1号を含有する。

 

バリアペイン(4錠中)

アスピリン 1320mg
合成ヒドロタルサイト 400mg

添加物
トウモロコシデンプン, 軽質無水ケイ酸, タルク, ステアリン酸マグネシウム, ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース), マクロゴール, 酸化チタン, 青色1号

 

バリアペインは、4錠分なので、4で割ると同じになります。実際飲んでみて、効き目も普段、飲んでいるバファリンと変わりがありませんでした。

ということで、価格が安いバリアペインはお勧めです。

 

タイトルとURLをコピーしました