新しくなった川崎市中原図書館訪問レビュー

2013年4月に移転した、中原図書館に行ってきましたので、レビューします。

と、その前に以前の中原図書館を見てみましょう。

 

旧川崎市立中原図書館正面

このような、昭和を感じる建物でした。

 

川崎市立中原図書館 自習室

勉強スペースの専用の建物。

 

川崎市立中原図書館 自習室座席表

2階と3階に分かれていました。

次に、新しくなった中原図書館です。移転場所はJR武蔵小杉駅の目の前のビルです。

 

中原図書館入居ビル

目と鼻の先です。駅とも直結しています。

 

中原図書館が入居するビル エクラスタワー

このビルの5~6階が中原図書館です。

 

入口の案内板

一階の入口に入った所に、案内板と本の返却ポストがあります。

 

中原図書館の案内板

川崎市立中原図書館の案内板。

 

本の返却ポスト

こちらは、本の返却ポスト。

 

5階から見える景色

エスカレーターで5階まで、来た時の窓から見える外の様子(エレベーターでも来られます)。

 

 

パークシティ武蔵小杉

左側を見ると、建築中のパークシティー武蔵小杉が見えます。

ちなみに、高い人気の為、すでに全戸完売です(まさか、6年後の台風で1階部分が汚水で水没して電気・エレベーターが使えなくなるとは夢にも思わなかったでしょう…)。

 

図書館前にある中庭

図書館前にある中庭。

 

中原図書館入口

こちらが中原図書館です。左が入口で右側が出口になります。

 

ICタグ(シール)

川崎図書館の本には、このようにICタグ(シール)が張られています。このタグのお掛けで、本の個別認識が出来るようになり、中原図書館では、セルフ貸出機で活用されています。

 

入ってすぐの自習室の様子。机や本棚を含め、全体の家具がプラウンで、統一され(一部を除く)、都会の大型書店のような、綺麗で落ち着いた空間になっています。

 

こちらは、PCなどが利用できるスペース。

 

コンセントも使用できます。

 

docomo wifiが使用可能です。

 

机にあるコンセント

こちらは、時間管理閲覧スペース。

 

中原図書館 勉強スペース 持ち込み器械とwifi

使用の際は、申込みを行ってから使うようです。

 

時間管理閲覧席

こちらは、インターネットが利用できるPCスペースです。

開館時間は、平日は、 午前9時30分~午後9時、土・日・祝日は 午前9時30分~午後5時までと遅くまで開いています。

また、観覧席も201席、蔵書数は約34万冊と規模の大きい図書館です。

本棚も空いているスペースが見受けられ、これから本が増えていくことが予想されます。

というわけで、新しく綺麗になった中原図書館でした。近くの人はいい設備があって羨ましいです。

 

関連記事

川崎市内で勉強ができる図書館・自習室・カフェのまとめ
自宅で勉強や仕事をするとき、テレビ・ゲームなどについ手が出る、家族がいて気が散るなどあります。 解決方法は、誘惑や気が散る原因から離れることが一番いいということで、川崎市内の川崎駅から宮前区の宮前平までの間で、図書館や自習室・...
タイトルとURLをコピーしました