長ネギの緑色の葉についている白いもの

長ネギの緑色の葉についている白いもの。これ最初、農薬の残りかななど思っていました。

 

長ネギの緑色の葉についている白いもの

手で水洗いしてもなかなか落ちません。

それで、ネットで調べてみると、植物自身が分泌するブルームというもので、水分蒸発を防いで病気などから保護する役目があるそうです。

 

解説サイト

Wikipediaのページに、ぶどうの画像がありますが、確かにぶどうでよく見かけますね。